フィトリフトと普通一般の化粧品(ライスフォース)を比較してみた

MENU

フィトリフトと普通一般の化粧品(ライスフォース)を比較してみた

フィトリフトと普通一般の化粧品【ライスフォース】を使って比較してみた

今話題のオールインワンジェル・フィトリフトと同じメーカーのライスフォースを比較してみました。
使い心地やケアの仕方の違いもご紹介していきます!

 

フィトリフトとライスフォースの比較表

フィトリフト 

オールインワンジェル

ライスフォース
基礎

化粧品

オールインワンジェル

(美容ジェルクリーム)
1点

 

オールインワン内に
化粧水・美容液・乳液・
クリーム・パックの5つを含む

基本のパーフェクトセット3点

※初回は別名「肌質改善セット」

 

・薬用保湿化粧水
(ディープモイスチュアローション)
・薬用保湿美容液
(ディープモイスチュアエッセンス)
・薬用保湿クリーム
(ディープモイスチュアクリーム)

内容量 50g(約1ヶ月分) ・化粧水:120ml(約2ヶ月分)

・美容液:30ml(約2ヶ月分)
・クリーム:30g(約2ヶ月分)

おすすめ

配合成分

フィト発酵エキス

バラ子房エキス
ダイズエキス

ライスパワーNO.11エキス
サポート

体制

全額返金保証 全額返金保証
価格 通常価格:4,968円(税込)

初回価格:1,980円(税込)

通常価格(単品):

化粧水8,000円(税抜)
美容液10,000円(税抜)
クリーム8,000円(税抜)
1セット購入:10%OFFで23,400円
(税抜)
初回限定:22,100円(税抜)

お得な

定期セット

・定期便購入は10%OFFの

4,140円(税抜)
・4点購入で最大25%OFF
・送料無料
・お肌分析サービス
・選べるスペシャルセット

・定期便購入は3点セットであれば

20%OFFの20,800円(税抜)
・初回は最大25%OFF
・送料無料
・お肌分析サービス

オススメ度 ★★★★★ ★★★

 

フィトリフト&ライスフォースを使ってみたので比較してみた

表から、様々な違いが分かりましたね。
それでは、続いてわたしが実際に購入し、使ってみて感じたことをご紹介します。

 

表にある内容を含めて、違いを比較していきましょう。
わたしの個人的な意見も含まれますが、ぜひ購入時の参考にしてみてくださいね。

 

知名度はライスフォースの圧倒的勝利

フィトリフトもライスフォースも、化粧品メーカーは同じです。
しかし、知名度で言えば断トツでライスフォースが有名だと思います。

 

その理由として、ライスフォースは芸能人がよく使っていると有名であるからでしょうか。
平子理沙さんや山田優さん、木下優樹菜さんなどが愛用しているようですね。

 

さらに、なんとライスフォースは1,800人の芸能人が絶賛しているとか。
累計本数は1500万本も突破しているそうです。
雑誌でも特集が組まれるほど。

 

これらのことから、知名度は圧倒的にライスフォースの勝利ですね。

 

一方、フィトリフトの知名度はそこそこ、でしょうか。
雑誌掲載も組まれているので中には聞いたことがある方もいるでしょう。

 

そして、芸能人ではクワバタオハラさんや神戸蘭子さんなど、多くの芸能人が愛用しているそうです。
知名度はそれほどですが、知っている方は知っている化粧品ではあります。

 

価格はオールインワンのフィトリフトがかなりお得

価格面においてはフィトリフトの勝利です。
フィトリフトはオールインワンなので必要な化粧品が1本に限られている上に、1本単位の金額が安いのが特徴的。

 

先ほどの表をもとに計算してみましょう。
どちらの化粧品も初回購入から1年間定期便での利用をすると仮定します。

 

フィトリフトの内容量は1ヶ月分となります。
初回購入は1,980円(※こちらのみ税込で計算します)。
定期便での購入は4,140円です。

 

1,980円(初回)+4,140円×11ヶ月分=47,520円(初回以外税抜)

 

フィトリフトの1年間の維持費は47,520円となりました。
年間5万円以下で基礎化粧品が購入できるようですね。

 

そしてライスフォースですが、こちらは2ヶ月に1回の購入になります。
初回購入は22,100円、定期便購入は20,800円ですね。

 

22,100円(初回)+20,800円×5回分=126,100円(税抜)

 

ライスフォースの維持費は126,100円となりました。
やはり3点セット購入になるのでかなりの維持費がかかりますね。

 

こちらはフィトリフトの2.5倍以上の金額がかかってきます
1年間の維持費の差額は78,580円とかなり大きな差が生まれます。

 

1年間の維持費が2.5倍以上の差額があるため、コストの面では圧倒的にフィトリフトの勝利です。
安価の基礎化粧品を求めている方はフィトリフトが断然オススメです。

 

 

余談ですが、ライスフォースの初回購入は2万円を超えるため、購入には結構な勇気がいります。

 

そこで、初回限定で3点セットを900円(税抜)で購入できるセットもあります。
通常価格は5,334円(税抜)なので、非常にお得ではあります。

 

ただし、分量は10日間分なのでとても小さいです。
ライスフォースはやはり高級化粧品のようですね。

 

ケア時間は30秒!手間ひまは圧倒的にフィトリフトが楽チン

ケアの時間が早いのは確実にオールインワンのフィトリフトでしょう。
わたしがフィトリフトを使って1番ビックリしたのがこのケアの手軽さです。

 

ライスフォースは化粧水→美容液→クリームと3回お肌に馴染ませていかなければなりません。
普通の化粧品のケアに×所要時間は早くて3分程度です。

 

わたしは長年この3ステップの流れで毎日ケアをしてきました。
そのため、朝とお風呂上がりの3分はケアにかかって当然の時間だと思っています。

 

しかし、2歳の子を育てている最中のわたしには、お風呂上がりの3分はとても貴重な時間です。
初めて使ったオールインワンの30秒というケア時間の短さに感動しました。

 

なんと30秒のマッサージでもうお肌に馴染み、ケアが完了するのです。
一度オールインワンを使うと、今までの3ステップが面倒に感じるほどでした。

 

フィトリフトの短いケア時間は、毎日忙しいママさんや、朝はギリギリまで寝ていたいがんばる女性のミカタだと思います!

 

使い心地はどちらも良好!あなたはもっちり派?サラサラ派?

わたしが実際に使ってみての感想をお伝えします。
ちなみにわたしは29歳、やや乾燥肌〜普通肌の女性です!
参考にしてみてくださいね。

 

フィトリフト:付けたときのプルプル感やもっちり感に感動

フィトリフトはジェルなので、肌にのせるとかなりプルプル弾力があって気持ちいいです。
しかし、正直プルプルしすぎていて浸透力はなさそうだな〜と不安になりました。

 

ところが、お肌に塗ってみるとしっかり馴染むので意外でした!
たった30秒のマッサージでお肌に一枚ベールをまとった感じになるほど。

 

さらにつけた後のもっちり感はいままで使ってきた化粧品の中でも群を抜いていると思いました。
このもっちり感は保湿力の高さが要因なのでは?と思っています。

 

そう言いますのも、ジェルを付けたところがとてもみずみずしくなるからです。
この肌がみずみずしくなる感じがやや乾燥肌のわたしにはピッタリでした。

 

ちなみに、わたしは18時には入浴して化粧品を付ける派です。
翌朝8時くらいまでは化粧品を付けないので、約14時間はお肌を放置しています。
そのため、過去に使った化粧品の中には翌朝はパリパリと乾燥するものもたくさんありました。

 

しかし、フィトリフトはこの約14時間を特に乾燥することなく翌朝を迎えられたので、保湿力が高いのは間違いないと思います。
これで1本5,000円以下は破格の値段だと思いますね。

 

当初、オールインワンでは保湿力足りないかな〜と思っていました。
しかし、フィトリフトはオールインワンを感じさせない保湿力の高い化粧品ですね。
費用対効果が抜群な商品だと思います。

 

ライスフォース:浸透感がスゴイ+ツルツル感が気持ちいい

ライスフォースは3ステップなので化粧水からはじまります。
化粧水はつけた瞬間に浸透するというくらい浸透力がスゴイので、ちょっと驚きましたね。

 

そして、結構サラサラした感じでベタベタしていないのもGOOD!
夏場でも問題なく使えますね。

 

そして美容液ですが、美容液の割に重くない感じで使いやすいですね。
ほうれい線予防に付けてみましたが、サラッと付けられるのが気持ちいいです!
この美容液は3点セットの中で1番お気に入りです。

 

最後のクリームは比較的重ためのクリームで、保湿十分といったもったりしたつけ心地でした。
割と油分が多めな感じなので、わたしのような乾燥肌向けには良いかも知れません。

 

ライスフォースは良くも悪くも、あくが強くないオールマイティな化粧品だと思います。
この3点セットをお肌に付けて1週間くらいして、お肌がすこしふっくらした感じもありました。

 

ただし、保湿に関してはそれほどの効果を感じませんでした。
浸透力はあるのですが、わたしのようなやや乾燥肌にはサッパリしすぎている感じがしました。

 

もう一点気になるのは、やはりお値段。
お値段を考えるとライスフォースはリピートに不向きかな、とも思っています。

 

ライスフォースは2万円超の化粧品なので、もう一歩の保湿力がほしいところ!
約14時間は耐え切れてほしいところでした。
そのため、続けるなら美容液のみでもいいかも?というのが私の本音です。

 

 

やや乾燥肌のわたしとしては、もっちり+保湿力の高いフィトリフトが好みでした。
みずみずしい感じや肌が柔らかくなる感覚がとても気持ちよかったです。

 

ライスフォースはオールマイティに付けやすい感じが良かったのですが、保湿力があと一歩。
続けるなら軽く付けることができる美容液のみかな、と思います。

 

つけ心地や肌にあっている、といった感覚の問題は個人の感性やお肌によるものです。
そのため、一度お試しになってみると良いかもしれませんね。

 

ケアにかかる肌への負担もフィトリフトの方がかからない

使ってみて大きな差を感じたのはケアの時の肌への摩擦回数の違いです。

 

ライスフォースのような普通の化粧品は肌への摩擦回数がかなり多くなります。
わたしはコットンなどは使わない派なので、化粧水を肌に馴染ませるのに手のひらで行います。
1セットを肌に馴染ませる摩擦回数は合計で30〜40回でしょうか。

 

一方、フィトリフトはオールインワンなのでこの摩擦の回数が5回程度で済みます。
フィトリフトが肌馴染みが良いのもあり、肌への摩擦が少ないと感じます。
ケアの所要時間が30秒なのもうなずけますよね。

 

敏感肌の方は特に肌への摩擦は大切かなと思います。
この摩擦の回数が少ないのはオールインワンの1つの強みですね。

 

フィトリフトは置き場所も取らず注文のタイミングにも困らない

初めてオールインワンを使ってみて、オールインワンにはいくつかメリットがあると感じました。

 

まずは化粧品を置いておく場所や出し入れする場所をとらずに済むこと。
わたしは化粧台の引き出しの中に入れる派なので、スペースもあまり取らず出し入れが簡単なオールインワンの便利さはGOODです。

 

続いてフィトリフトやライスフォースは基本的に通販による販売です。
そのため、基本は定期便で1〜2ヶ月おきでの送付による受け取りとなります。

 

しかし、ライスフォースは化粧水・美容液・乳液と3つのセット。
普通の化粧品は化粧品によって減りも違うので、注文が毎度同じタイミングとは限りません

 

もちろん店舗購入であったとしても、化粧品が切れるなびに何度も出向くのが大変ですよね。
オールインワンであればそもそも1本なので、購入タイミングの心配などはしなくてすみます。

 

ちなみに、普通の化粧品のメリットはその日の肌状況に合わせて化粧品を増やしたり減らしたりできるという点でしょうか。

 

しかし、オールインワンでも分量の増減や他の美容液を足して補完する方もたくさんいます
もしも保湿力などに不安があれば、ケアの方法など工夫してみると良いでしょう。

 

このように、実際に使ってみるとオールインワンの方がメリットが多いかな、とわたしは感じました。

 

フィトリフトと普通一般の化粧品【ライスフォース】を比較してみた まとめ

最後にフィトリフトとライスフォースの違いをまとめていきましょう。

 

【フィトリフトの特徴】
・オールインワンジェル
・1本の内容量は約1ヶ月分
・フィト発酵エキスなどの3つの成分が特徴的
初回購入は1980円(税込)
・定期購入は4,140円(税抜)
初年度の購入費は47,520円
・ケアの所要時間は30秒と短くて手軽
つけ心地はもっちり、プルプルしていてみずみずしい
・肌馴染みが良いので肌への少ない摩擦回数でケアができる
乾燥肌に効果アリ

 

主にこのような特徴があります。
フィトリフトは比較的安価で継続購入しやすく、保湿効果も十分でお得な化粧品だと思います。

 

そして、普通の化粧品の代表として、フィトリフトと同じメーカーのライスフォースを取り上げました。
ライスフォースの特徴と、わたしが感じたデメリットも含めてまとめていきます。

 

【ライスフォースの特徴】
・基本の3点パーフェクトセットが主流(化粧水・美容液・クリーム)
・1セットの内容量は約2ヶ月分
・ライスパワーNO.11の配合成分が特徴的
初回購入は22,100円(税抜)
・少量の10日セットであれば初回は900円でお試し可能
・定期購入は1セットで23,400円(税抜)
初年度の購入費は126,100円(税抜)
知名度が非常に高い
・化粧水は付けた瞬間に浸透する脅威の浸透力
・美容液は軽くて使いやすい
・クリームは油分が多めで保湿力がある
オーソドックスに誰でも使いやすい化粧品

 

【ライスフォースのデメリットに感じる特徴】
×ケアの所要時間は3分程度はかかる
×保湿力はそれほど高くない
×1年間のコストがフィトリフトの2.5倍
×高級化粧品なのでリピートには不向き

 

ライスフォースの良いところは知名度と浸透力の高いオーソドックス化粧品であること。
しかし、保湿力はあまり高くないので乾燥肌の方には少し物足りないかもしれません。

 

続いて、わたしが実際に使ってみて感じたオールインワンと普通化粧品の違いをまとめていきます。

 

【オールインワンのメリット】
摩擦回数が少ないので肌への負担が少ない
ケアの所要時間がかなり短い
・置き場所をとらない
・化粧品ごとの注文のタイミングに困らない
化粧品代が安くすむ

 

【普通化粧品のメリット】
・その日の肌状況に合わせて化粧品を増やしたり減らしたりできる

 

体験してみると、オールインワンの方がメリットが多いです。
一度オールインワンになれてしまうと、止められないなと感じましたね。

 

ちなみに、どちらも利用してみて、わたしが実際にリピートしたのはフィトリフトです。
フィトリフトをリピートした大きな理由は保湿力と費用対効果の良さです。
オールインワンの魅力の高さもありますが、化粧品としての実力も素晴らしいと感じたからです。

 

不安な方は一度お試しをしてみても良いかも知れません。
フィトリフトは全額返金保証を行っていますので、安心して購入できますよ。
フィトリフトの高い保湿力をぜひお試しあれ♪

 

 

フィトリフトの効果を最大限に引き出そう!
ケアの仕方を変えるだけでお肌のハリやエイジングケアに大きな違いが出てきますよ!
 ↓↓
フィトリフトの効果を100%引き出すおすすめの使い方。ハリのある肌を取り戻す方法